2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.14 (Tue)

第20サイクル第1ペナント 3日目

メジャー(シリウス)リーグ 3日目

監督 野村監督
チームカラー ジグザグ打線 黄金の先発ローテ

・チーム総合成績
36試合32勝4敗 / 勝率.889 / 1位 (2位と5.0ゲーム差)

・チーム野手成績
打率.343(.354) 1位 / 得点240(80) 2位
本塁打20(11) 8位タイ / 犠打45(18) 1位
盗塁27(10) 2位 / 失策4(2) 1位タイ

・チーム投手成績
防御率1.98(2.56) 1位 / 失点71(31) 1位

※()内の数字は3日目のもの
20c1ペナ3日目

3日目は10勝2敗。
得点80 失点31

本日は31失点と、流石に本性が表れてきた感のある投手陣ですが、かろうじて防御率1点台をキープしてますね。
もっともあのメンバーで1点台というのは出来過ぎだったのは明らかなのでこれから段々と正常値に近づいていくでしょう。


特にネタが無いので、今日は低コスト捕手に関してなど。
留学を積極的に行っている人は、1ペナ、2ペナ用に低コストの捕手をノーザン辺りに留学させている人も多いかと思います。
今年の春Updateで年齢が上がるまではロッテの金澤捕手、それ以降は広島の倉捕手辺りが人気だったと記憶しています。

実際、私も倉捕手をちょくちょく留学に出して起用していました。
さて、当の倉捕手ですが、この度のデータ更新で能力、コスト共に上昇しました。
巧打から順に57 59 51 55 69 61 そして捕手適正がB9となっているようです。

以前は☆4にしては高い巧打と捕手適正が魅力だった彼ですが、コストが上がっても守備と捕手適正は変わらず、長打が上がった程度となってしまいました。
これで☆5では魅力は半減…とは言わないまでも、差別化という意味では特色が薄れてしまったと言えるかもしれません。

もちろん年齢解放なしで留学に出せるという意味ではまだまだ魅力的だと思いますが、これなら☆6の谷繁捕手でもいいんじゃ…?とも思ってしまいます。(ノーザン大成功とかならまた別ですが)

既に倉捕手を留学に出している私が言っても説得力が無いかもしれませんが、コスト節約用の低コスト留学選手と割り切るならばコストは☆4以下にした方がいいかも、と思う今日この頃でした。


◇コストアップ
☆3レア篠原 ⇒ ☆4森福

◇サポートカード
※2日目終了時と同じ

◇カード引き
ランダムパック×10
☆7飯原、☆5ユウキ、☆4南・宮出、☆3平石・チューク、☆2中井野原・伊東、☆1杉原
投手ボックス
☆5菊池・大嶺、☆4鶴、☆3・土・長谷川、☆2伊東山本哲那須野・小嶋

サポートカード×10
ファンの差し入れ、高級クラブ、CM出演、話し合い、反省会、あうんの呼吸×2、特打ち、学校訪問、ファン感謝デー
00:59  |  YTO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lordy193.blog135.fc2.com/tb.php/116-4657fc47

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。