2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.02 (Sat)

第17サイクルプレミア 閉幕

プレミア(プネウマリーグ) 10日目

監督 西村監督
チームカラー クリーンヒット打線 ラン&ガン 技巧派投球術 精密投球術

・チーム総合成績
120試合101勝19敗 / 勝率.842 / 優勝(2位と10.5ゲーム差)

・チーム野手成績
打率.297(.294)(2位) / 得点739(80)(1位) / 本塁打155(21)(7位タイ) / 犠打70(6)(3位) / 盗塁189(14)(1位) / 失策10(2)(1位)

・チーム投手成績
防御率2.81(2.89)(1位) / 失点343(34)(1位)

※()内の数字は10日目のもの
17cプレミア10日目

最終日は10勝2敗。
得点80 失点34

17サイクルプレミアリーグが閉幕しました。
我がチームは101勝19敗で優勝。
そして、15サイクルから数えてプレミア3連覇を飾ることができました。

景品はこの方。
17cプレミア景品

多分使いません。


17cプレミア対戦成績

前半は2位チームと4位チームに1-3と負け越していたのですが、最終的に五分に持って行けたので一応の格好はついたかなと思います。


続いて獲得したタイトルおよび個人成績です。
17cプレミアタイトル
17cプレミア野手個人成績
17cプレミア投手個人成績
獲得できたタイトルはこれだけでした。
ダルはあと1歩で三冠だったのですが、2位チームのダルに惜しくも及びませんでした。

打撃はタイトルどころか3位入賞も無し。
でもみんな頑張ってくれたと思います。

盗塁は後半少し伸び悩みましたね。
それでも189盗塁はプレミアの最多記録です。
よく走ってくれました。



野手成績です。
17cプレミア野手成績

☆10Le張本 ×
 今回の残念だった人。今サイクルで契約切れです。お疲れ様でした。
☆10ブーマー ◎
 打率こそ3割を少し切ったものの、30本100打点のすばらしい活躍を見せてくれました。
☆9Le若松 △
 打率は悪くないのですが打点が寂しいですね。
☆9青木 △
 最終的に打率を落としてしまいましたが、オーナーの使い方が悪かったということで。
☆9中島 ○
 途中から4番を任せました。安定した成績を残してくれたと思います。
☆9川 ◎
 不慣れなサードで3失策させてしまいましたが、よく打ちよく走ってくれました。
☆9田中 ◎
 打率、盗塁共に安定した数字でチャンスメイクをしてくれました。
☆9西岡 ◎
 打率、足、長打、守備どれをとっても高水準でしたね。
☆9阿部 ◎
 高打率と守備でチームに貢献してくれました。
☆8城島 ◎
 阿部と同じく、よく打って守ってくれました。
☆8坂口 ◎
 驚きの高打率で下位打線をしっかり繋いでくれました。
☆8サブロー ○
 打率はそこそこでも、3日で10本30打点はなかなかの数字でしたね。
☆8Le立浪 △
 あまり期待してませんでしたが、1日で12打点は素晴らしかったですね。
☆8糸井 △
 トレードにより数字は残ってませんが、打順適性の兼ね合いで後半はベンチ暮らしでした。
☆5荻野 ◎
 ☆5でプレミアでこの打率は素晴らしいですね。コストの面でもとても助かりました。


投手成績です。
17cプレミア投手成績

☆10Le郭 ○
 何だかんだで防御率2点台にまとめてくれました。
☆10ダルビッシュ ◎
 さすがの成績。もう少しで三冠でしたね。残念。
☆10涌井 ◎
 18勝1敗と安定した成績。ダルの次に頼りになる男ですね。
☆9岩隈 ○
 途中防御率を大きく崩したものの、後半の素晴らしいピッチングで巻き返してくれました。
☆9前田 ○
 安定感は☆9のなかでは随一ですね。
☆8斉藤 △
 イマイチ安定感に欠けた印象。防御率3点台は及第点です。
☆6山口 ◎
 前回に引き続きSUとしての責任を果たしてくれました。
☆6石井弘 ◎
 非の打ちどころがない成績。パーフェクトです。
☆4西村 △
 コストの関係で1日目に起用。少し荷が重かったかもしれません。
☆2大谷 ◎
 影の功労者です。中継ぎ2で起用。防御率0点台で、彼のおかげで拾えた試合もありました。


◇総括
実は今回は、かなり選手層が薄い中での戦いでした。
先発はダル、涌井、郭、岩隈、前田、斉藤しかおらず、野手はそれなりの選手が居たもののファーストを守れるのがブーマーのみという状況でした。
先発陣は斉藤を除き防御率2点台に纏めてくれたし、ブーマーも活躍してくれたので事なきを得ましたが、ペナント中盤辺りは大分頭を悩ませていました。
周りのレアノリを羨ましげに指をくわえて見続ける日々でしたが、それでも優勝できたことは大変嬉しいです。

思い返せば今サイクルは1ペナ、2ペナともに終盤までもつれる接戦でした。
次サイクルはもう少しのんびりできるように願うばかりです。

最後に、同リーグのみなさん10日間お疲れ様でした。
01:37  |  YTO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lordy193.blog135.fc2.com/tb.php/39-729d598b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。